男性・女性の薄毛は
医療で「治療する」

時代へ

薄毛対策は「生えるかも」から「生える」へ

医療で「治療する」時代へ

  • 確実に「生える」が可能に

  • 薄毛対策はいま「医療」による「治療」が進歩し、確実に「生える」時代になっています。
    四谷ローズクリニックでは、その中でも特に最先端医療であり、かつ実績を積重ねてきたHARG療法に特化し薄毛を「治療」しています。

  • 2,300症例の実績(2022年10月現在)

  • 四谷ローズクリニックでは、2008年より14年間、約2,300症例を治療してきた実績があります。当院で施術を受けられた方の発毛率は99%を超えます。

  • 高い技術力

  • 平均厚さ2mmと言われる頭皮に、約1mmの深さにコンマミリ単位の正確さで施術を行います。この高い技術によって、四谷ローズクリニックの「生える」は実現できるのです。

  • 副作用の心配なし

  • 薬の内服や外用による治療方法は様々な副作用のリスクがありますが、現在のところHARG療法には有害な事象(副作用)は認められておりません。

  • 長期的なトータルコストは安価

  • HARG療法は発毛するまでのおよそ1年間の初期費用が割高に感じられるかもしれませんが、薄毛治療は長期に続けていく治療という視点で見ると、四谷ローズクリニックのHARG療法は、発毛後は年に一度「生えた髪を維持する」治療を続けるだけなので、トータル費用は低くなるのです。

四谷ローズクリニックはなぜ「生える」のか

2,300症例を手掛けてきたドクターだから、「生える」頭皮を見抜く

14年以上のHARG療法による診察・治療の経験を持つ四谷ローズクリニックのドクターは、世界的に見てもトップレベルの経験と実績を持っています。
その経験から、最初の段階で薄毛の状態を的確に診断してHARG療法による治療が可能かどうかを見分けることが出来るのです。
そのため、施術による発毛率は99%を超えます。
また平均厚さ2mmと言われる頭皮に、約1mmの深さにコンマミリ単位の微調整を加えながら、正確に発毛成分を注入する技術をもって、より確実に「生える」施術を行うことが出来るのです。

発毛症例

30歳・前頭部(生え際)・8ヵ月で改善
38歳・前頭部(M字)・14ヵ月で改善
38歳・頭頂部・12ヵ月で改善
28歳・全頭・14ヵ月で改善
37歳・女性症例・14ヵ月で改善

四谷ローズクリニックが選ばれる理由

院長が全てを担当
満足度の高い治療技術
誰とも会わない完全予約制

四谷ローズクリニックはなぜ「痛くない」のか

頭皮に張り巡らされた神経の突端を、ドクターが的確に探り当てるから

頭皮部分には複雑に張り巡らされた神経が網目のように存在します。
HARG療法では頭皮の毛母細胞に発毛成分が作用できるよう皮膚に直接注入します。
その注入の痛みをやわらげるため頭皮にブロック麻酔を行います。
ドクターが頭皮へつながる神経の突端を直接触診し、目立たない眉毛付近・後頭部(首筋)付近に麻酔を注射します。
四谷ローズクリニックのドクターは、長年の経験と非常に繊細な手指の技術により、正確に神経の突端を探り、適切な場所・適切な量の麻酔を行うため、きわめて痛みを感じさせない施術が可能となるのです。

また「注射はどうも苦手」という方のために、Med-jetという機器を使用して、圧縮された炭酸ガスで薬液を一瞬にして皮内に注入するという、針を使わない「ノンニードル注入法」のエアーショットHARG療法も用意してありますのでご安心ください。

※麻酔をした部分や施術部分に軽い鈍痛 や違和感を感じることがありますが、数日で改善いたしますので、冷やしたり、マッサージ などはせず、経過を見るようにして下さい。

最先端の薄毛治療・HARG(ハーグ)療法とは

皮膚に「幹細胞」由来の「サイトカイン」を直接注入

HARG療法(ハーグ療法)とは、Hair Re-generative Therapy(毛髪再生療法)の略で、最先端の再生医療の中心的役割を担う「幹細胞」(どんな器官にでもなれる万能細胞)の培養上清由来の「サイトカイン」を直接頭皮に注入する治療法です。

HARGカクテルに含まれる有効な成長因子

薄毛の症状のある頭皮であっても、活性化していないだけで多くの毛母細胞が生きている可能性があります。
「サイトカイン」のほか有効成分が直接、生きている毛母細胞に働きかけて活性化して再び発毛を促進させるのです。
尚、四谷ローズクリニックでは院長自身も含め、HARG療法を約2,300症例(2008年4月~2022年10月)に行い、現在のところ有害な事象(副作用)は認められておりません。

HARG(ハーグ)療法が、
投薬療法より優れている点とは

長く続ける治療だからこそ、
長期視点に立ってみれば、HARG療法の利点が分かるはず

まだご存知でない患者さんもいらっしゃいますが、投薬による治療も「生える」治療です。
それが選ばれる理由としては、毎月の治療費が少額である事があるでしょう。また注入治療といった心理的ハードルがないのも利点と言えます。
ただしそれと引き換えにデメリットも覚悟しなければなりません。
投薬療法にはED(勃起不全)や多毛などの副作用が見られる場合があります。
また、女性型の薄毛(び漫性脱毛症)にはあまり顕著な効果はありません。
そして一番のデメリットは治療をやめてしまうと、薄毛の症状が元に戻ってしまう点です。一生薬を飲み続けるなどということは現実的ではありませんし、その間毎月治療費を払い続けるとすれば、トータルとしてはかなり高額となってしまうのです。

HARG療法なら、男性・女性どちらの薄毛の悩みにも効果を感じることができますし、四谷ローズクリニックでは14年以上にわたる約2,300症例のHARG療法施術のなかで、有害な事象(副作用)は一切認められておりません。
HARG療法は、発毛するまでの初期費用が1年ほどで100万円前後となりますが、その後は発毛した毛髪を維持する治療となりますので、年に一度10万円程度になります。
長期視点で見ると、投薬と比べてみても必ずしも高額とはならないことがご納得いただけるかと思います。

四谷ローズクリニックが大切に想うこと

発毛はもちろん大切なことです。
しかし「抜け毛」とは付き合っていかなければなりませんので、四谷ローズクリニックは、生えた後もしっかりフォローすることがさらに大切だと考えます。
発毛した毛髪を「維持する」ことが重要なのです。

薄毛という命を変えることはできないかもしれませんが、
再び発毛させ、それを維持させるHARG療法で四谷ローズクリニックが薄毛で悩まない人生」変えます。